押印と捺印の違い

banner

実印の素材をどのようにして選べば良いのか?

2014-09-18

実印は頻繁に作るものではないですし、普通は1度作ったら一生それを使いますから良い素材で作る方がいいでしょう。
インターネットで調べてみたら結構種類も多いみたいです。
相性とか風水的な観点ではどうなのでしょうか?
今回は<実印の素材をどのようにして選べば良いのか?>をテーマにお話したいと思います。
一般的な素材で選ぶならば「象牙」が最も良いでしょう。
耐久性にも優れていますし、朱肉の吸着性が良いのが本象牙で最高級品になります。
人気がある大きな理由は重厚感があって手触りの感触がいいことでしょう。
「オランダ水牛」は象牙に続いて押印性や耐久性に優れています。
特徴としては天然の縞模様が入っていて透明度が高い点です。
ずっと使用するのもで「一生モノ」ですから、耐久性に優れているのは重要な判断基準になります。
「象牙」と「オランダ水牛」は実印を作る場合にはトップクラスの人気素材になるでしょう。
同じ水牛でも「黒水牛」は漆黒の色が「秘密を守ってくれる」というイメージがあるので人気です。
「オランダ水牛」は白っぽい美しさがありますから、女性にも人気がある素材です。
コストパフォーマンスを重要視して手軽に購入できる素材ならば「つげ」だ代表選手です。
日本では古くから木製印材として使用されてきており多くの人々が愛用しています。
「薩摩本つげ」はつげのいつくつかの種類の中でも最高級品のクラスになります。
特徴は長い期間使用しても経年変化が少ないことです。
実印をエコ材質で選ぶならば「玄武印鑑」になるでしょう。
こちらはエコな印鑑として人気が高いです。
玄武は「フェノールレジン」と「バーチ材」の2種類の素材を高圧加熱処理して作られます。
耐久性に優れひび割れも少ないです。
木材よりも数倍強いのが魅力です。
いかがでしたでしょうか?
以上、<実印の素材をどのようにして選べば良いのか?>をご理解いただけたと思います。
実印を購入する際の参考になれば幸いです。

関連する記事

Copyright(c) 2014 押印と捺印の違い All Rights Reserved.