押印と捺印の違い

banner

押印の意味と必要性

ハンコを使用するシーンは、契約書などばかりでなく、身近なところにもたくさんあると思います。
例えば消印です。
消印とは印紙や切手などと文書にまたがって捺印することで、領収書やはがき、封筒などにも押印されています。
この時に使用するハンコは実印であることはほとんどありません。
特にはがきや封筒には、郵便局の日付入りのハンコが使用され、印紙や切手の再利用を防ぐ目的で押印されます。

領収書の場合は、その金額によって印紙を貼り、消印を押印します。
消印がない、印紙が無いからと言って領収書の効力が無くなるということはありませんが、領収書を発行した側が脱税となる可能性があるので、注意が必要となります。

契約書の場合は、契約書と印紙の模様をちょうどハンコが半分になるように押印します。
ハンコが無ければサインでも良いケースもあるそうです。
また、この場合の印紙は、税金の納入方法のひとつというニュアンスを持ち、貼る物で、契約時の効力とはあまり関係がないそうです。

他には、捨印があります。
捨印とは、契約書を始めとする文書の内容に訂正が発生した場合に使用するもので、前もって訂正印になるハンコを欄外に押しておくことを言います。
捨印を押印しておくことにより、後日訂正が発生したからと言って、わざわざ押印してもらうという手間を省くことが出来ると言われています。
この場合に実印が使用されるようなことは稀で、ほとんどの場合は、認印か銀行印などを使用する事が多いようです。

契約書を受け取る側にとっては手間が省けて良い捨印ですが、渡す側としては、訂正があるかどうかまだわからない時点で押印することになるので、悪徳業者などには悪用される恐れも考えておかなくてはなりません。
銀行などの口座開設に使用する場合は、信用で成り立っているために、その心配はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。
不安な場合には、捨印を押印せずに、訂正が発生した場合に連絡を貰うと良いと思います。

Copyright(c) 2014 押印と捺印の違い All Rights Reserved.